お客さまのお悩み

  • お墓の汚れをきれいにしたい。
  • 床の黒いタイルがはがれてきたので、どうにかしたい。

石の立山のご提案

  • お墓全体をクリーニングする。
  • 玄昌石(床の黒いタイル)を取り除き、板石をはる。

 

施工の流れ

高圧洗浄、黒ズミ汚れの除去、文字色入れを行いました。

黒ズミ汚れの除去

石と石の間の黒ズミ汚れもキレイに取り除き、つなぎ目に水が入らなようにメジ施工を行います。

参道汚れの除去

このような参道の汚れも、落とすことができます。(写真は半分だけ落としたところです。)

この汚れは日陰になりやすいところに藻が付着してできるものです。お墓職人は専用の薬品と高圧洗浄で取り除くのですが、一般の方はワイヤーブラシで強くこするだけでもある程度キレイにすることができます。(ワイヤーブラシはホームセンターで購入することができます。石を傷めないよう注意しながら行ってください。)

文字の色入れ施工

 

色落ちしていた文字も、洗浄を施し、色を塗り直しました。

 

 

クリーニグ施工前と施工後の様子です。

玄昌石について

墓地の床に写真のようなタイル状の黒いタイル状のものが貼ってあることがあります。これは玄昌石(げんしょうせき)と言って板状の石です。
10年ほどくらい経つと段々はがれてくるようになります。

ここでは玄昌石を取り外し、御影石を設置することにしました。

玄昌石の撤去

 

床に御影石を設置するため、灯篭と脇台と玄昌石を一旦取り外し、クリーニングしました。

御影石の設置

 

 

別角度から

  

Pocket