古いお墓を大切にしたいなら、お墓修理の専門店有限会社石の立山(富山県)

墓じまい

  • HOME »
  • 墓じまい

墓じまいとは

お墓を持っているけど

  • 子供が全員嫁いでしまってその家が絶家になってしまった。
  • 何らかの事情で跡継ぎがいなくなってしまった。
  • 別の土地でお墓を建てたので、現在のお墓が不要になった。

などの理由で、お墓を移転、もしくは廃棄される方がいらっしゃいます。

お墓を撤去、廃棄することを『墓じまい』といいます。

墓じまいをするときの流れ

墓じまいをするときの大まかな流れを説明します。

1)まずお骨の行き先を決めます。
お墓を撤去すると、「お骨をどうすればいいのか?」という問題が出てきます。
ですからお墓を撤去する前に、お骨の行き先を決めるといいでしょう。お骨の行き先としては
・地域の集団納骨堂に納める。
市営町営が運営している集団納骨堂があれば運営、経費など考慮してもそこがベストです。
市役所などにおたずねください。(ただし市内在住に限るなどの条件があります。)・お寺の集団納骨度に納める。
お付き合いのあるお寺様に納骨堂があるか確認してください。・親戚のお墓に入れてもらう。
兄弟や親戚のお墓にお骨を入れさせていただくこともできます。
最近は苗字が異なっていても同じお墓に納める方が増えてきました。・散骨する。
地域によっては可能な場所もあるようです。お墓で大切なのは亡くなったかたを供養したいと思う気持ちと行動です。
それが継続されるのなら大抵のことはOKだと考えてください。*お骨は勝手に処理してはいけません。埋葬するときは必ず埋葬許可書をもらう必要があります。
2)お墓の撤去依頼先を決める。。
お墓の撤去に関しては、地元の石材店にお願いするのが一般的です。
ほとんどの石材店で『墓じまい』を業務として行っています。
まず電話で『墓じまいをお願いしたいのですが』と言えばあとの手順を説明してくれます。・金額はいくらくらい必要なのか?
どの様な場所にお墓があるかで経費は異なります。
お墓の大きさなどでも必要な機材は異なります。
特に富山県は他府県のお墓と比べて大きなものが多く、
実際にお墓を見てみないと正確な金額は出てきません。一般的に20万~30万前後は見ておく必要があります。大きなもの、墓地の撤去方法によってはそれ以上かかる場合もあります。
3)お経をあげていただきます。
お寺様にお経をあげて心抜き(閉眼供養)を行っていただきます。
心抜き(閉眼供養)とは『お墓を石へと戻す儀式』だと解釈してください。お墓を石へと戻すことで、石屋が作業を行うことができます。
4)お墓の解体作業を行います。
閉眼供養によりお墓から石になったものを、石屋が解体、廃棄致します。
解体も

  • 墓碑を撤去するだけなのか。
  • 基礎コンクリートまで撤去するのか。
  • 撤去後、土や砂利で埋めるのか。

などは墓地やお寺の規約により決められています。

最近は遠方からの依頼が多い

最近は大阪や千葉、東京などの遠方からのご依頼が多くあります。
ホームページやブログを見てのご依頼がほとんどです。

遠方にある場合、問題になるのはお墓の特定です。
きちんと区画された富山市営墓地(西の番)などのように番号でわかるなら特定しやすいのですが、
地域の墓地や田んぼの真ん中にポツンとあるお墓などは見つけること自体が困難な場合があります。

パソコンが得意な方はグーグルマップなどを駆使してご説明くださることもありますが、
できれば一度だけで結構なので一緒に現地に行っていただき、
「何をどこまで解体、撤去をするのか」をお伝えいただけますと間違いがありません。

大切なお墓の処分をお願いするのです。
できれば顔の見える信頼のできる石材店にお願いしたくありませんか?

費用はいくらくらいなのか?

富山県内のお墓でしたら大体15万~30万円程度かかります。

どのような場所か?
どこまで解体するのか?
そのあとの墓地利用をどうするのか?

によってもかかってくる経費が異なりますので、
一度ご相談いただけましたら幸いです。

最近、電話で「いくらくらいかかりますか?」と聞かれることが多いのですが、
本当にケースバイケースなので返答に困ってしまうのが実情です。

誤った金額はお伝えしたくないものです。
実際にお墓を見せていただかないことには、正しい金額はお伝えできません。

(その後の墓地利用も含めてご相談にのります。)

墓じまいすると、お墓にあった魂はどうなるの?

墓じまいをお考えの方は
「墓じまいすると、お墓にあった魂はどうなるの?」と気になる方もいらっしゃいます。

「お墓に魂は宿るのか?」は誰にも確認できない疑問でもあります。

個人的には、魂自身はあると思っています。
しかしお墓に宿るのか、お仏壇に宿るのか、それとも風や自然にいるのか、それはわかりません。

おそらく、みなさんも「なんとなくあるとは思うけど、明確にはわからない」という感じだと思います。

人はなぜお墓に手を合わせるのか

ではなぜお墓に手を合わせるのでしょうか?

昔から手を併せるものだと言われているから?
なんとなく習慣になっているから?

人によりその理由は様々だと思いますが、私は自分の中に残る故人との思い出と向き合うためにお墓に行きます

なぜなら魂は『その故人を思い出したときに私の中にいる』と私は信じているからです。

お墓には故人の体だったお骨があります。ですからその人を思い出しやすいのです。
お墓という依り代(目印のこと)があることで、故人やご先祖様に想いを馳せやすくなるのです。

例えば神道や仏教では

神道では「八百万の神々」というように
見の周りのあらゆる場所に神様がいるとされています。
→それでも神社に行きますよね。

仏教でも
「一切衆生 悉有仏性」(いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)

「一切衆生即仏性」(いっさいしゅじょう すなわちぶっしょう)

という言葉があり、
『生きているモノ(人、動物、植物。。。)にはすべて神様・仏様が宿っている。』
『この世の一切が神仏の一部である』
とあります。
→それでもお寺に行きますよね。
お仏壇に手を合わせますよね。

身の回りに神様、仏様がいらっしゃると言われていても、それでもそれぞれ神社やお寺に行って手を合わせたくなるのが人なのだと思います。

やはり何かしらの目印が欲しいのです。
私はその目印がお墓なのだと思っています。

お墓参りという習慣が大切なことを思い出させてくれる

人は日々の忙しさに流されて、ついつい大切にすべきことまで気が回らなくなることがあります。忘れてはいけないことで、身近な幸せを忘れてしまうのです。

それでも人々は年に1回、お盆には、帰省して家族そろって墓前で手を合わせることを続けてきました。

そして
お墓があるから手を合わせ謙虚になれるのです。
お墓があるからわざわざ故郷に帰ってくるこのです。
お墓があるから故人を思い出すのです。
お墓があるからご先祖様がいたと思いだすのです。
お墓があるから家族みんなでお墓参りに行くのです。
お墓があるから自分が死ぬということに気付くのです。
お墓があるからわざわざみんなで集まるのです。
お墓があるから自分はたくさんの人に命をつないでもらったと気付くのです。

別にお墓がなくてもそう思える人もいるかもしれません。

しかしお墓というシンボルがあることで、お墓参りをする習慣があることで、人は大切なことを思い出す機会を持つことができるのです。

『墓じまい』をすると魂はどうなるのか?

私は魂は今まで通り何も変わらないと思います。

以前流行した歌の様に、風になって自由に飛び回っているのかもしれませんし、
八百万の神々の様に、自然に溶け込んでしまっているのかもしれません。
また、極楽浄土に往生して、救って成仏しているのかもしれません。

ただ私は「お墓が失われると故人(魂)を思い出す機会が1つ減る」ということはわかります。

故人やご先祖様を思い出し、感謝をささげるのが供養であるなら、その機会が1回減ってしまうのだろうな、と思います。

でもそれで困るのか?と問われるとなんとも言えないのが本当のところです。
だって、魂自体あるかどうかわからないのですから。
故人やご先祖様を供養する私たちに必要なのかわからないのですから。
故人やご先祖様がそれを求めているのかもわからないのですから。

少なくとも私は、「お墓参りをしなかったから困ったことになった」という経験はありません。

ただ、なんとなく親しい故人に感謝したくなったり、命をつないでくださったご先祖様に、ごあいさつしたいからお墓参りをするのです。

なぜお墓を建てて、お参りするのか考えたことありますか?

そして別にお骨を納めるだけならお墓は必要ありません。
今では集団納骨堂もありますし、
(賛否はありますが)散骨という方法もあります。

でもなぜ昔の人がお墓を大切にしてきたのか?
どんな気持ちでお墓に手を合わせてきたのか?
あなたの祖父母、ご両親はどんな思いでお墓を向き合ってきたのか?
そんなことに想いを馳せてみることはいいことだと思います。

お墓にはあなたにご縁のあった方たちのお骨納められています。
例えお骨が無くても、お墓を通してあなたの感謝が大切な人へと届けられます。

そう。
お墓にはいろんな想いが込められているのです。

墓じまいを考えるとき、お墓に込められた想いはどうするのか。それについても考える必要があるかもしれません。

Pocket

富山県内のお墓のことなら、お気軽にお問い合わせください TEL (076)463-1072 受付時間 午前8:00~午後8:00

PAGETOP
Copyright © 有限会社 石の立山 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.