石の立山は、富山市、立山町、上市町、滑川市、魚津市など富山県内全域を施工エリアとした富山県のお墓・墓石専門店です。

お墓を建てるのに資格が必要ないって本当ですか?

  • HOME »
  • お墓を建てるのに資格が必要ないって本当ですか?

車を運転するには免許証が必要になります。

飲食店として調理をするには、調理師免許が必要になります。

住宅を設計・工事管理するには、2級建築士の資格が必要になります。

お墓を建てるのに必要な免許

お墓を設計する、建てるのに免許は必要ありません。

*注:もちろん、重機を動かす免許や、物を吊ったりするのに必要な玉掛け資格などは必要です。

お墓に関連する資格

石材、お墓に関連する資格は以下のようなモノがあります。

国家資格
それぞれの作業知識や作業レベルを試験します。
厚生労働大臣認定 石材施工(石材加工作業) 1級・2級
厚生労働大臣認定 石材施工(石張り作業) 1級・2級
厚生労働大臣認定 石材施工(石積み作業) 1級・2級
厚生労働大臣認定 職業訓練指導員(石材科)

一般社団法人認定資格
お墓やそれに関する仏事神事全般の知識を試験します。
日本石材産業協会認定 お墓ディレクター 1級・2級

この他、最近では
生前整理アドバイザーなどの資格を取る石屋も増えてきています。

資格は一つの目安にしか過ぎない

資格の取得は一つの目安にしかすぎません。
「資格を持っている」=「腕がいい」「良いお墓を建てることができる」とは限りません。

現に私は国家資格1級を2つ(石材加工作業・石張り作業)、お墓ディレクター1級を持っています。
県内で両方の1級を持っているものはまだ数人しかいません。

しかし私自身、お墓に関してもまだまだ学ぶべきことが多くあります。

保有している資格の数では父を超えていますが、お墓職人として父を超えたかと言うと疑問を持っています。

ただ資格は石材店の技量を示す一つの目安になります。
特にどの資格も1級を取得する為にはある一定レベルの実力が必要となるからです。

私にとっては親子の絆

実は戦後、富山県で初めて石材施工の国家資格が行われたとき、私の祖父が試験監督をしていたと聞いています。

そして父は富山県石材技能士協会の技術指導員を長く勤めていました。

私自身も、技術指導員としての活動をしています。

私にとって資格は単なる技術を表す目安ではありません。
祖父から父、父から私へと受け継がれてきた、親子の絆なのです。

石材の石材加工の実技試験では電動工具を使いません。
昔ながらの道具を使い、手加工で作業をします。

カーンカーンカーンと石を叩いていると、今は亡き祖父や父の姿を思い出すのです。

ありがたいことだなぁ。

資格の有無は直接ご確認ください

名刺などに資格が書いてあっても、実際に資格を保有しているとは限らない場合がございます。

また、「お墓ディレクターの資格を持っている」と言っても、1級か2級かで大きく問われる実力が異なります。

第2回お墓ディレクター検定試験(2016年1月27日開催)では
1級合格者 43名(136名中)合格率31.6%
2級合格者 267名(313名中)合格率85.3%
(日本石材産業協会発表)

以前よりも2級は合格率が下がり、1級合格率が高くなっている気がします。

お墓ディレクターを名乗る場合、その級数も伝える必要があります。
また、認定証を持ち歩き、必要な場合は提示しなくてはいけません。

実は石材1級技能士にも認定証はあります。

Pocket

富山県内のお墓のことなら、お気軽にお問い合わせください TEL (076)463-1072 受付時間 午前8:00~午後8:00

石の立山 代表 亀山龍厳


亀山 龍厳(かめやま たつよし)

石の立山代表
石材加工一級技能士
石張り施工一級技能士
お墓ディレクター1級

趣味:手話、囲碁、デュエマ(子供の相手)

富山県立山町でお墓屋(石屋)を営んでいるお墓職人です。
昭和50年生まれ。三児の父親です。
プロフィール詳細

お墓について困ったときに読む小冊子

お墓に関する小冊子を希望される方に無料でお配りしております。

===========
内容

・自分でできるお墓掃除(簡単な道具で頑固な黒ズミ汚れが落とせます。)
・古いお墓を大事にするお墓のリフォーム(修理)
・近年増えている墓じまいの手続き方法
・全国的にも珍しい富山のお墓アレコレ
・お墓選び3つの心構え
===========

お申込みは「お問い合わせ」からお願いします。

PAGETOP
Copyright © 有限会社 石の立山 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.