古いお墓を大切にしたいなら、お墓修理の専門店有限会社石の立山(富山県)

お墓のクリーニング

  • HOME »
  • お墓のクリーニング

お墓は10年に一度は大がかりなクリーニングが必要になる。

毎年お墓を洗っていても、外に置いてあるお墓は汚れてきます。
古いお墓、新しいお墓関係なく、10年に一度は点検もかねてプロのクリーニングをオススメしています。

クリーニングはいくらくらいかかるのか?

お墓の場所や大きさ、汚れ具合にもよりますが、小さなお墓(西の番)で4万前後、通常は7万前後できれいになります。(ともに墓石本体をクリーニングしたとき)

お墓クリーニング

お墓に付いている白い斑点

古いお墓にこんな白い斑点ありませんか?

拡大するとこんな感じ。

お墓に巣食う白い半纏の正体は

この白い汚れの正体は
コケ(ゼニゴケの一種)です。日当たりの悪いジメジメした場所を好みます。試しに少し爪などでこすってみると白→緑色に変わると思います。

素人ができるコケの取り方

このコケはかなり頑固にくっついているので
ちょっとのことでは取れません。

どうしても自分でやりたいというなら
自己責任でお願いします。

十分に水を含ませる。

コケは水を含むと柔らかくなります。雨が降っているときなんかいいですね。
コケを取るのに晴天の時はあまり向いていません。
石やコケは濡れると滑りやすくなるので気をつけてください。

タワシなどでこする。

柔らかくなったコケをタワシやワイヤーブラシなどでこすります。
ただし石の材質によっては石が傷つくことがあります。ご注意ください。

高圧洗浄機で洗う。

高圧洗浄機でコケをキレイにすることもできます。
この場合も石を傷める可能性があるので様子を見ながら行ってください。

プロはどうやって取るのか

私たちお墓の専門家がクリーニングを行うときは以下のようにします。

  1. まず最初に石の様子を観察します。
    具体的には石に欠けやヒビがないか確認します。
    また、風化してもろくなっているところがないか調べます。
  2. 汚れの種類を分析します。
    汚れは大まかに3つに分けられます。
    ・薬品の反応などでしか落とせないもの。
    ・高圧洗浄などで落とせる比較的軟らかいもの。
    ・硬質化していて研磨などを行うことで落とすもの。
  3. 薬品、機械、道具を使って石の状態、汚れを見ながら試し試しお墓の清掃を行っていきます。

最近は石材用の薬品も販売されていますが、
これは想像以上に石を傷めるためあまりオススメしておりません。
もし使用される場合は使用後に大量の水で洗い流す必要があります。
(私たちはそのために水を500リットル程度用意します。)

私がクリーニングするとこんな感じになります。

最初の写真と比べると、大分きれいになったと思います。

Pocket

富山県内のお墓のことなら、お気軽にお問い合わせください TEL (076)463-1072 受付時間 午前8:00~午後8:00

PAGETOP
Copyright © 有限会社 石の立山 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.