お墓に彫られている名前や家紋に間違いを見つけたとき、それを修正することはできるのでしょうか?
ここでは石に書かれた文字の修正方法をご説明しています。
文字や家紋に間違いを見つけたとき

相談者

父が10年前に建てたお墓なのですが、家紋が違っていることに最近気が付きました。
これは修正することができるのでしょうか?

お墓職人亀山

石に書かれた文字や家紋を修正することはできます。
どんな修正が必要かで施工方法も異なります。

 

 

*一般の方にも理解しやすくしてもらうため、このサイトでは「石に文字を彫刻すること」を「石に文字を書く」と表現する場合があります。

文字や家紋を修正する方法

1)文字に点や線を追加する場合

「名前に点が足りない」「線が書かれていない、長さが足りない」などの場合は、比較的簡単に修正することができます。

既存の文字に、追加で彫刻することのは比較的キレイに施工できます。
家紋の『輪の部分』を削ることも可能です。

2)文字の一部分を消す場合

石の性質上、一度彫刻した部分を消すことは非常に難しい施工となります。

2-1)接着剤や石膏(せっこう)などで埋める方法

消したい部分を接着剤や石膏などで埋め、着色することで埋める方法です。
一般的に墓石の解体などが必要なく手軽にできますが、やはり質感が異なりますので修正箇所が目立ちます。

またこの施工では、改めて文字を彫ることはできません。

*注:仕上がりは石の種類によって異なります。

2-2)同種の石で埋める方法(象嵌:ぞうがん)

修正箇所をくりぬき、くりぬいた形と同じ石をはめ込む技術を象嵌(ぞうがん)と言います。
通常、象嵌は異なる石で行い花などの模様を描きますが、文字の修正の場合は同じ種類の石を使用します。

非常に高度な技術であり、また石の状態により仕上がりが左右されます。

施工するときにお墓を解体して石をとりはずす必要があります。

同じ種類の石でも厚みが異なるため、質感が異なって見えることがあります。
また、どうしても接着部分が目立つこともあります。

この施工法だと、改めて文字を彫りなおすことができます。

2-3)修正する文字がある面を削る方法

例えばトボ石(お墓の一番上の石)の側面を修正したいときは、

下図のように、両面を削り(切り取り)ます。
*片面だけだと正面の「南無阿弥陀佛」が偏ってしまうから両面とも加工します。

 

2-4)上から石を貼り付けて修正する方法

修正したい面に、板石を貼り付けることで文字を修正する方法もあります。

同じ種類の石が用意できない場合、思い切って黒石を採用するのもアリです。

2-5)石をそのまま交換して修正する方法

文字が書いてある石を取り外して、新たに同じサイズの石と交換します。
同じ種類の石が用意できない場合は似た石目の石を採用します。

まとめ

 お墓の名前や家紋は修正することができます。

 費用はお墓や修正箇所の状況で異なりますので、お墓の確認が必要です。

 建ててすぐに気付いたときは、すぐ石材店に言いましょう。

 

お問い合わせフォーム

Pocket