「お墓の名前を消す事はできますか?」
年に数回、このようなお問い合わせのお電話をいただくことがあります。
お名前の間違いなんて結構あります。

墓地の写真

 

困っている若い女性
困っています
お墓に先妻さんの名前が書いてあり、私の名前が書けません。
この場合、どういった方法があるのでしょうか?
お墓職人亀山
解決策は2つあります。
1)お墓の空きスペースに後妻さんのお名前を新しく書く。
2)先妻さんのお名前を消してから後妻さんのお名前を書く。
順番にご説明させていただきます。

「お墓に名前を書く」とは「お墓に名前を彫刻する」ことを意味します

ここでは「お墓に名前を書く」と表現していますが、実際には「石に彫刻すること」を指しています。
もちろん「名前」だけではなく「家紋」や「絵柄」についても同じです。
また、お墓は富山県のお墓を例に使っています。
他府県のお墓の場合、大きさや形状が異なるため少し事情が異なります。

解決策1)お墓の空きスペースに後妻さんのお名前を新しく書く

「人の名前」を書く場所は、お墓の形状によって多少異なりますのでご注意ください。

和型墓石の場合

通常、図のような和型墓石では「人の名前」は星マークの箇所か、扉の裏に書くことができます。

 

洋型墓石の場合

図の星マークの箇所、もしくは扉の裏側に人名を書くことができます。

もちろん上記以外の場所に人名を書くこともできますが、あまり一般的ではありません。

特にお墓の一番上の石に文字を書く場合、閉眼供養(心抜きの儀式)を行ったあと、石を取り外して加工する必要があります。

解決策1の説明は以上です。
続いて、解決策2の説明に移ります。

解決策2)先妻さんのお名前を消してから後妻さんのお名前を書く

お墓職人亀山

解決策2は「もともと書いてあったものを消してから、新たに書く方法」です。
今回のような問題のときは解決策2を選択されるのが一般的です。
これもいろんな方法があります。
【解決策2-1:埋める】
【解決策2-2:隠す】
【解決策2-3:削る(切り取る)】
【解決策2-4:交換する】

解決策2-1)埋める

彫刻部分をパテなどで埋めて、石目に似せた着色する方法

彫刻部分にパテや接着剤などを埋めて、研磨しなおします。ただ、どうしても材質が違うので光沢や色、石目などの違いから図のように名前が見えることがほとんどです。

この部分に新たに文字を彫刻することはできません。

文字部分を切り取り、同じ石を埋め込む(象嵌:ぞうがん)

修正したい箇所を切り取り、そのあとに修正したものをはめ込む技法を【象嵌:ぞうがん】と言います。
石で象嵌を行う場合、修正箇所をえぐり取り、その部分と同じ形状に作成した石をはめ込みます。

通常は石種の違うものをはめ込むのですが、この場合は同じ石種を使用します。

非常に高度な技術と時間を要する作業となります。
同じ石種で象嵌を行った場合、境目がどうしても目立ちます。

この方法で修理をした場合、新たに文字を彫刻することができます。

施工前に閉眼供養(心抜きの儀式)を行い、取り外す必要があります。

解決策2-2)隠す

文字の上から別の石を貼り付けて隠す方法です。

お墓の一番上の石に板石を貼り付けます。

板石はお墓の形状に合わせて設計します。

正面から見るとこのようになります。石の厚みは大体20㎜~25㎜程度です。

もちろんこの上に文字を書くことができます。

施工時に閉眼供養(心抜きの儀式)を行ったり、石を取り外す必要はありません。

解決策3-3)削る(切り取る)

文字を書いてある面を削る、もしくは切り取ることで文字を消します。

赤線部分で削り(切り取り)ます。
右側面を削ると、左側面も削ることになります。
削る厚みは15㎜~20㎜程度です。
削り取った場所には新たに文字を書くことができます。

施工前に閉眼供養(心抜きの儀式)を行い、取り外す必要があります。

 

解決策2-4)交換する

文字が書いてある石を取り外し、別の石に交換します。

図では「A」と書いてある石を取り外し、「B」と書いてあるいしと交換しました。

石の種類によっては同じ石種が用意できなかったり、同じ石種でも年代によって石目や色合いが異なることがあります。

施工前に閉眼供養(心抜きの儀式)を行い、取り外す必要があります。

まとめ

 石に書いた(彫刻した)文字は消すことはできません。

 削る(切り取る)、貼り付ける方法がよく選ばれます。

 お墓の石を動かすときは、事前に閉眼供養(心抜きの儀式)を行うのが一般的です。

Pocket