秋彼岸のお墓参りはハードルが高い

「お盆にお墓参りに行ったばかりだから、秋彼岸は別に行かなくてもいいかな」

バチ当たりな考えかもしれませんが、お墓職人の私でもついそう思ってしまうことがあります。

富山のお盆は8月15日。
秋彼岸は9月20日から26日。
お盆からたったの1か月ちょっとで秋彼岸になります。

ロウソクと線香、そしてお花を用意して墓地に行く。
わが家からだとドラッグストアですべてそろうし、墓地までも車で10分。そこから歩くのは1分ほど。
でもたったそれだけのことなのに腰が重くなってしまいます。

ですから私は「秋のお彼岸はお盆にお墓参りに行けなかった人のための救済日」ではないか。なんて考えてしまうことがあります。
これは単なるお彼岸に行けないことへの言い訳なのですが。

お盆とお彼岸(秋彼岸)にお墓参りに行く理由を簡単に説明

もともとお盆にお墓参りに行くのは、お釈迦様が弟子の母親を地獄から救うために「夏の修行が終わる7月15日(※)に飲食物を捧げて供養しなさい」と言ったのが始まりだそうです。
※旧暦の7月15日は新暦に直すと8月15日になります。

 

秋彼岸はちょうど稲刈りの時期。
諸説ありますが、収穫を祝う気持ちとそれを神様やご先祖様に捧げることから、先祖供養につながったのではないでしょうか。

また昼と夜がほぼ同じ時間になるため、この世(昼)とあの世(夜)が近くなり「こちらの思いが個人に届きやすい時期」という説もあります。

秋彼岸にお墓参りに行くのはなぜか。お墓職人がお彼岸について話します。

 

 

なんにせよ、行かなかった言い訳ができるのはありがたい。

「秋彼岸にお参りに行けなくても大丈夫、お盆に行ったもんね」

そう思うとちょっと気が楽になります。

 

それでもやっぱり…

それでもやっぱり、できれば家族みんなでお参りに行きたいと思っています。

祖父も祖母も、間をおかず顔を見せに行ったときはとても喜んでくれましたから。

Pocket